自分の使命に気づいた日

ふと、空を見上げると雲が風で流されてきて、太陽の日差しを遮っていた。

しばらく見ていると、雲間から太陽の光が筋を帯びて、その筋がはっきりと見えたり、また隠れたりを繰り返していた。

仕事に追われていると、ゆっくり見ていることもせずに過ぎ去ってしまう光景だ。

普段、当たり前のような自然の光景に、この日は僕の足を止めた。

この光景から、僕はこんな事を感じていた。

この太陽のように365日地球を照らし続けている様に、僕自身も光を照らし続けていけばいいのかと。時折、雲のような障害物が現れたとしても、風で流されていくので、過ぎ去っていくのを待てばいい事だ。

何も焦る必要など無いんだよ。照らし続けていけば、誰かがそれに気づいてくれる。

ただ、それだけの事。

僕の使命は多くの人に光を与え続けること。僕の光は、豊かな人生を歩んで行けるように気づいていただくこと。

ある日の午後、雲間から太陽の光が筋を帯びて照らしていた。

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。