ブログ

好きな自分になれる7つのヒケツ②

2:自分の心の声を聞く。

 
家族や会社のために自分を犠牲にして働いているんだ。と言う人多いと思います。
 
朝から夜遅くまで、気がつくとあっという間に1日が過ぎ去っている様な毎日を繰り返されていて、自分と向き合うなんてする間も無いよ!
 
自分の事より生きて行くのに精一杯なんだよ!ゆっくりと出来る休暇が欲しいよ!と悩まれている人多いと思います。

 
 
毎日生活のため、家族や会社のために働くのですが、その前に、自分の心は充たされていますか?
 
日々、寝る間を惜しんで、休日出勤したり忙殺されていると、ほっと息をつく間も無いのが現状ですね。

 
 
僕もつい数年前まで同じ様に必死で仕事に明け暮れていた。
 
給料制では無く、歩合制の仕事をしていたので真剣だった。
 
自分の事よりも兎に角、仕事の事に明け暮れていたんだ。
 
子供の教育費をどうやって稼ごうか?
 
今よりも収入を増やすためにどうしようか?と本当に悩んでいたんだ。

 
 
そんな生き方から変わるきっかけを作ってくれたのが、1冊の本です。
 
その本とは”始めよう。瞑想”という文庫本だ。
 
すぐに、その本の通り瞑想を始めたんだ。

 
その瞑想のおかげで、自分の気持ちや頭の中が整理出来てきた。

何回か継続して行くうちに、なんと無く自分の心の声がわかり出したんだ。

そのうち、瞑想の良さがわかってきて、自分の心の声を聞ける様になってきたんだ。
 
そうなってくると、自分の考え方まで変わってきたんだ。
 
 
 
そんな時に出会った「自分らしさとは何ですか?」という質問に僕は即答出来無かったんだ。
 

それ以来、自分と向き合うという事がすごく大切な事だと気付いたんだ。

【ポイント】 自分と向き合う事は重要!


さあ、あなたも始めませんか?

毎週休日に、または月に一度自分との会話をする時間をスケジュール帳に記入して、自分にとって一番大切な時間を先に押さえよう!



【しつもん】「好きな事は何ですか?」「嫌いな事は何ですか?」



【ミッション】自分を満たすためにやりたい事を書き出します。そして、書き出した事に順位付ける。






【ミッション2】〈シャンパンタワーの法則〉を理解する。


皆さんご存知の通り、シャンパンタワーは一番上からシャンパンを注いでいきますね。実際に注いで行くと下の方までグラスを満たそうとすると、かなりの量を注がないと下まで届かないのです。一番上が自分とした時に、まず自分が満たされていないと、2段目、3段目のグラスは満たされないのです。
家族のため、会社のために頑張ってる人は、ここで言うと2段目3段目から注いでいる事になります。自分のグラスはいつまでたっても満たされないのです。






 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

好きな自分になれる7つのヒケツ①前のページ

好きな自分になれる7つのヒケツとは?次のページ

ピックアップ記事

  1. 若者力は素晴らしい!
  2. 即効で人を動かすコミュニケーション能力講座

関連記事

  1. ブログ

    「しつもん経営会議」体験会は5月も開催致します。

    「しつもん経営会議」体験会は、3月、4月と定期的に開催しています。…

  2. ブログ

    自由な生き方・自分らしさのテーマの本まとめてみた①

    先日のゴールデンウィーク中に溜まっていた本をまとめ…

  3. ブログ

    もっと尖っている自分を出せ!

    おはようございます。西口吉宏です。最近、こんな事を言われました…

  4. ブログ

    即効で人を動かすコミュニケーション能力講座

    「なぜ、私は伝えているのに、相手は動いてくれないのか?」と、人…

  5. ブログ

    ベストセラー“LIFE SHIFT”でしつもん読書会と体験ミニセミナー@京都

    質問力はビジネスの最強の武器になりますが、読書においてもかなり有効な武…

  6. ブログ

    サイモン・シネック氏に学ぶ

    "FIND YOUR WHY"日本語版「なぜWHY発見と言う…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ブログ

    サイモン・シネック氏に学ぶ
  2. ブログ

    私の人生ストーリー50話完結編 コツコツ連載中です。
  3. ブログ

    平成最後の誕生日に思うことは?
  4. 平安神宮の鳥居

    ブログ

    100年企業の受け繋ぐものは何だろう?
  5. ブログ

    ホンマルラジオというメディアの活用方法
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。