ブログ

人生を変えるレース

「グレートレース」って知っていますか?

皆さん、今日は僕が以前に一度見て、虜になるほど好きなレースをご紹介します。

過酷な自然環境の中で、何日間もかけて何100キロも自分の足で競い合うレースがあるんです。

先日、久しぶりに再放送があって、思わず時間を忘れて見入ってしまいました。

ヒマラヤ山脈の300キロのコースをマウンテンバイクで競うレースです。

http://www4.nhk.or.jp/greatrace/x/2017-03-05/11/25686/2379265/

このレースは参加者数は世界各国から36名でその内女性が8名。完走者は33名。というどちらかと言うとマイナーなレースかもしれません。

その中のひとりにオーストラリア人の女性で、柔道の選手がいました。その女性はオーストラリア代表でオリンピックにも出場している選手でした。

その選手が「なぜ、こんなレースに出ているのか?」僕もすぐになぜなんだ?と思ったのですが、

彼女は現在36歳で東京オリンピックを目指しているが、そのときには40歳になっているので、どうしようかと悩んでいるのでした。

「このまま柔道を続けていくのか?現役引退をしたほうが良いのか?」まさに人生を見つめ直すために参加していると言っていました。

彼女はレース終了後に、その答えを

「レース中、頭の中は柔道のことばかり思い出した。今まで辛いこともたくさんあったけど、やっぱり私には柔道しかないわ」と言っていました。

また、優勝争いの中に地元ネパール出身の選手がいました。

彼は、このレースで6回優勝している選手です。10回目の記念大会にも是非優勝をしたいと言っていましたが、子供の頃から貧しく、自分の自転車も買うことができない家に育ちました。中古の部品を集めてできた自転車で、参加した大会で優勝したことが、彼の人生を変えたのです。

この大会で優勝した事でスポンサーが付き、世界各国の大会にも招待され、自宅も購入することができたそうです。

正に、彼もこのレースで人生を変えた一人でした。

僕は、この【レースは人生そのものだ】と思います。レースを通して、常に自分との会話、自分と向き合うことで、レースを戦って行きます。

苦しみながら戦う姿、前に行こうとする姿に感動するのです。

レースに出ることは難しいかもしれません。

でも、人生の転機と感じたとき、自分と向き合うことを大切にして欲しいと感じたのでした。

過去のグレートレース

https://www.youtube.com/watch?v=ZHNRwdrBhgk&t=66s

https://www.youtube.com/watch?v=aHHNKMjPsN0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 若者力は素晴らしい!
  2. 即効で人を動かすコミュニケーション能力講座

関連記事

  1. ブログ

    新元号は「令和」に決定!

    2019年4月1日11:30に新元号が発表されました。昨日か…

  2. ブログ

    自由な生き方インタビューシリーズ第1回目

    自由な生き方インタビュー第1回みなさん、こんにちは!西口吉宏で…

  3. ブログ

    好きな自分になれる7つのヒケツとは?

    好きな自分になれる7つのヒケツへの思い…

  4. ブログ

    ダイハードインフィニティ・人生をリボーンせよ!第4回

    ゲスト:ライフトラベラー・質問家 マツダミヒロ氏2017年12月某…

  5. ブログ

    男親としての子育て論

    まだ、子離れ出来ていない?今朝、珍しく妻が話しかけてきた。昨年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

  1. 平安神宮の鳥居

最近の記事

  1. これからの生き方を明確にするたった一つの質問
  2. 100年企業の受け繋ぐものは何だろう?
  3. 若者力は素晴らしい!
  4. 平成最後の誕生日に思うことは?
  5. 今年、ギター始めます!

カレンダー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. ブログ

    あなたは、部下又は組織がどの様な状態になれば最高ですか?
  2. ブログ

    初めて会った人をあなたのファンにする営業トークの秘訣
  3. ブログ

    初めて電子出版で本を出しました。
  4. ブログ

    私の人生ストーリー50話完結編 コツコツ連載中です。
  5. 平安神宮の鳥居

    ブログ

    100年企業の受け繋ぐものは何だろう?
PAGE TOP
Translate »